主な取り扱い商品
OAKLEY(オークリー)
1975年 アメリカ・カリフォルニア州に設立。
幅広いジャンルのアスリート達が愛用者に名を連ねているOAKLEY。紫外線や衝撃といった光学的・物理的な有害因子からいかに眼を保護するか…この追求がOAKLEYの永遠のテーマである。挑戦はこれからも続く!
BRIKO(ブリコ)
20年近くもの間、BRIKOはアルペンスキーやクロスカントリースキー、自転車競技において、国際的に名声を挙げているトップアスリートとのスポンサーシップを通じ、スポーツ業界での“革新ブランド”となりました。BRIKO製品は、パフォーマンスを引き出し、更に安全性を増進し、デザイン性・技術力においてもハイレベルと高い評価を受けています。
J.F.Rey(ジェイ・エフ・レイ) 
カッコいい大人の男性&女性をイメージ。3Gを意識した立体的かつダイナミックな空間的なデザインです。
BOZ(ボズ)
メガネを掛けるのが好きになる!掛けると毎日が楽しくなりそう!そんなかわいらしくもインパクトのあるデザインは、掛けた人の個性を見事に引き出します。
KAMURO(カムロ)
「美・観・楽・遊」をテーマに「メガネを着こなし、メガネも着がえる」そんなライフスタイルとともに メガネを個性的に楽しんでいただきたいデザインです。
MASAKI MATSUSHIMA
松島正樹の唱える「個性を追求するデザイン及び技術の追求」をテーマに最新のモードと伝統的な精神の融合をはかったフレームは、新しい感性を取り入れた芸術的なアーティスティックモデルに仕上がっています。
Cazal(カザール)
デザイナーCari-Zalloni(カリ・ツァローニ)によって生み出された芸術品。ブランド名は彼の名前をもじったもの。一品一品に強烈な個性を封じ込めた作品は、オリジナリティーにこだわりを持つアイウェア・ユーザーに感動を与え続けます。
GEN(元)
眼鏡職人が1本1本心を込めて手作りしました。日本製へのこだわりが貴方を包む。
noego(ノーエゴ)
2005年の10月にパリのSILMO展で発表。Parasite Design社の社長兼デザイナーのHugo Martin氏によるフランスのアイウェアブランド。Hugoがパラサイトをデザインをしている時、しばしば全くかけ離れたアイデアを思いつき、その自由な発想でこのブランドを立ち上げた。ブランド名は現代の個人主義やナルシシズムを連想させるエゴ、否定語のノーを組み合わせている。アイデンティティを確立すべく目的を探しているが、消費社会に飲み込まれている現代人の比喩を表現している。ファッショナブルさを前面に押し出し、ファッションと眼鏡を交差させる事を主眼に置いている。
LABYRINTH(ラビリンス)
デザイナー「影郎」氏の異色眼鏡。一度見たら。。。忘れられない。。。
MUNIC EYE WEAR(ミュニックアイウェア)
ドイツ眼鏡国家資格を持つマーカス・リース氏によりデザイン。そのコレクションは、クオリティーとエレガンスが一体となりトータルコンセプトとなり、調和のとれた統一感を表現しています。
Kame Man Nen(カメマンネン/亀万年)
伝統を活かしつつ未来を志向する感性と斬新な手法を取り入れたヴィンテージフレームです。
 
 
Copyright OPTICAL-MATOBA. All Rights Reserved.